田中テクスト勉強会


趣旨:
 研究所初代所長であった故・田中昌人先生(並びにその共同研究者であった田中杉恵先生)の御著作(著書・論文等)をテキストに、その文脈(テクスト)に即して、共同で読み深める(→将来的には、有志で「解題」を書き上げる)。
位置づけ:
 人間発達研究所の「共同研究」企画として位置づける(研究所から研究助成金を受ける)。
世話人:
 渡部昭男(神戸大学)、中村隆一(立命館大学)
照会・連絡先:
 渡部昭男(メールが開きます) 


田中テクスト勉強会 2018年秋
〇9月27日(木) 横関さん報告(前回5/24の続き)
〇10月25日(木) 加藤聡一さん(田中昌人「第II部 発達における発展法則 第2章 発達の弁証法における矛盾」 『人間発達の科学』青木書店、1980年)
〇11月22日(木) 報告未定
〇12月はお休み


田中テクスト勉強会 2018年春〜夏
毎月第4木曜日の午後7時〜9時 人間発達研究所「研修室」にて
〇5月24日(木) 報告 横関さん:田村一二研究会などでの研究の蓄積と進展
〇6月28日(木) 報告 中嶌さん:田中昌人の教育観(仮題) ※7月26日と変更(交代)になっています。
〇7月26日(木) 報告 渡部さん:(仮題)『糸賀一雄の最後の講義:愛と共感の教育』を青年はどう読み取るのか
〇8月=休憩

田中テクスト勉強会 2018年4月・5月
2018年度も、毎月第4木曜午後7時〜9時、人間発達研究所「研修室」での開催予定です。
★4月は例外的に水曜日開催です。
4/25(水) 金丸彰寿さん (仮)1980年代の京都府乙訓地域における「『発達・障害』学習」の特徴とその意義
         ―小学校中学年及び高学年の実践に着目して――
5/24(木) 予定

田中テクスト勉強会 2018年冬の予定
毎月第4木曜日の午後7時〜9時 人間発達研究所「研修室」にて
1/25(木) 田中さん
2/22(木) 荒木美知子さん (仮)「回転可逆操作の階層」の導入過程
3/22(木) 金丸彰寿さん (仮)1970-80年代における京都府下における「共 同教育」実践の創造と展開 中止(延期)

田中テクスト勉強会 2017年11月以降の予定
午後7〜9時@人間発達研究所「研修室」
希望される方はご参加ください。
11/22(水) 横関さん
12/21(木) 横山さん
2018年
1/25(木) 田中さん

田中テクスト勉強会 2017年9月以降の予定のお知らせ
毎月「第4木曜」午後7〜9時@人間発達研究所「研修室」
希望される方はご参加ください。
09/28(木) 荒木穂積さん 紀要30号の「源流」解説
10/26(木) 加藤聡一さん 紀要30号の掲載「論考」


田中テクスト勉強会 2017年春〜夏の予定
田中テクスト勉強会(第3水曜日夜7時〜@人間発達研究所研究所「研修室」)では、
田中昌人(1987)『人間発達の理論』の勉強会を以下のように予定しています。
希望される方はご参加ください。
04/19 第一部1章(荒木美知子さん)
05/17 第一部2章(松元さん)
06/21 第二部2&3章(武井さん)
07/19 第一部3章(西垣さん)


田中テクスト勉強会 2016年秋〜2017年春の予定
田中テクスト勉強会(第3水曜日夜7時〜@人間発達研究所研究所「研修室」)では、
田中昌人(1987)『人間発達の理論』の勉強会を以下のように予定しています。
希望される方はご参加ください。
2016年
11/16=第一部4章(吉留英雄さん)
12/21=第二部4章(中村隆一さん)
2017年
01/18=第二部1章(渡部昭男さん)
02/15=第一部1章(荒木美知子さん) →変更:「対称性原理」に関して、荒木穂積さんと中村隆一さんが話題提供
    ※ 以降、予定がずれていきます。
03/15=第一部2章(松本さん)
04/19=第一部3章(西垣順子さん)
05/17=第二部2&3章(武井哲郎さん)


田中テクスト勉強会 2016年夏〜秋の予定
(2016年度は毎月第3水曜、午後7時〜、人間発達研究所研修室)

7月20日(水)
・田中昌人「連載 講座:人間の発達」『みんなのねがい』
 *連載2回目の「なべちゃん」:報告は中村隆一氏です。
 *テキスト入手法は参加者希望者にご案内します。
・加えて、「田中&加藤テクスト勉強会」に改称することを相談します。
・毎月第3木曜から第3水曜の夜に開催曜日が変わりました。
  故・加藤直樹先生のご著作・論考も読み進める予定です。
  新しいメンバーの参加をお待ちしています。
8〜9月はお休み
10月19日(水) 
 発表予定者:荒木穂積氏 「30周年記念誌 第5章「障害」を書き上げて」
 10月のテキスト:田中昌人・荒木穂積・茂木俊彦「てい談 発達診断研究の到達点と課題」(障害者問題研究No37、1984-04)
11月16日(水)、12月21日(水)
 11月〜春までは田中昌人『人間発達の理論』 を予定しています。


田中テクスト勉強会 2016年春の予定
人間発達研究所研修室にて、午後7〜9時
田中昌人(1963)『発達論(1963年度前期 京都府立大学非常勤講師 講義ノート)』の読み解きを進めています。
『30周年記念誌』が刊行された後には、その合評も進める予定です。
 4月21日(木)
 5月24日(火) 当初の予定から変更になっています。
 6月15日(水) 当初の予定から変更になっています。
 6月以降は毎月第3水曜日午後7〜9時を予定しています。


田中テクスト勉強会 2016年冬の予定
引き続き、30周年記念誌の原稿の検討を行います。
・毎月第3木曜日の午後7〜9時
・人間発達研究所「研修室」
 1月21日(木)
 2月18日(木)
 3月10日(木) 当初の予定から変更になっています。


田中テクスト勉強会 2015年夏〜秋の予定
*基本的に 「第3木曜、19〜21時、人間発達研究所研修室」 にて開催します。
*今季は、「30周年記念誌」の原稿を順に検討します。
*7月(台風で中止)、8月(お休み)
 開催:9/17(木)、10/15(木)、11/19(木)、12/17(木)


田中テクスト勉強会 2015年4月〜7月の予定
 4月16日(木) テキスト:田中昌人(1974)『講座 発達保障への道A』
          報告者:中村隆一 笑顔の獲得を中心とした三、四歳児の発達要求
 5月21日(木)
 6月18日(木)
 7月16日(木)
 ※場所は人間発達研究所研修室.時間はいずれも19時より.


田中テクスト勉強会 2015年1〜3月の予定
テキスト:田中昌人(1974)『講座 発達保障への道A』
場  所:人間発達研究所「研修室」
日  程:下記の午後7〜9時
報 告 者:いずれも、横関氏
1/22(木)重症心身障害児施設の歴史――小林提樹と島田療育園――
2/19(木)1950年代と田中昌人
3/19(木)発達保障論と田中昌人――1960年代以降を中心に――
1/22に関しては以下の資料を読んで来てもらえば嬉しいです。
http://www.r-gscefs.jp/pdf/ce10/ky01.pdf


2014年10月16日は、『講座@』の前半「新しい課題」からスタート。
「つくし保育所」での5歳児クラスの実践、三次元形成期の発達を、赤木和重氏(神 戸大学)が読み解きます。

○第Xテクスト:田中昌人(1974)『講座 発達保障への道 @〜B』全障研出版部
○今後の日程:基本的に「第3木曜」午後7〜9時=当面は10/1611/2012/18
○場所:人間発達研究所「研修室」
9/11初回の報告テクストが切り替わって初回の9/11(木)の参加者は、11名。これまでのメンバー6名に、新しく5名が加わりました(新メンバー募集中)。『講座@』の導入として、『みんなのねがい』創刊号(1970)から連載開始の第1回&第2回を輪読しました。実は、第1回と第2回前半の12ページをふくらませて、240ページ余りの『講座@』が編まれたのです。その辺の事情も含めて、『みんなのねがい』への講座連載の背景について、中村隆一氏から簡単な解説がなされました。その後、自己紹介と第Xテクストへの期待&抱負が各参加者から述べられました。
○データの送信
:『みんなのねがい』に連載された全17回の講座をデータで配信しますので、メンバー&加入希望者は、渡部 akiowtnb@port.kobe-u.ac.jp までメールでご連絡ください。また、196070年代にかけての田中昌人さんの活動年表、日本の福祉&教育の年表を作成して対比しながら読み進めることにしました。
○次回
10/16
:『講座@』の前半「新しい課題」からスタート。特に「つくし保育所」での5歳児クラスの実践、三次元形成期の発達を、赤木和重氏(神戸大学)が読み解きます。多忙でテクストが読めていなくても、参加すれば必ず収穫があるはずです。乞う、ご期待!


田中テクスト勉強会の2014年秋〜の新テキスト決定!
○田中昌人(1974)『講座 発達保障への道』1〜3 (全障研出版部から2006年に復刻版あり)。
○初回は、9月11日(木)午後7時〜、人間発達研究所「研修室」、上記3冊を持参の事。
○新メンバー募集中。


田中テクスト勉強会 2014年7月以降の予定
約2年をかけて、『人間発達の科学』の輪読が終わりました。7月からは以下のように進めます。
○創立30周年企画『人間発達と発達保障――田中昌人・田中杉恵の著作を読み解く――(仮題)』の編集作業を合評会も含めながら一年間かけて進める。
2014年度の開催日程は、基本的に「毎週第『3』木曜、19時〜21時、研究所研修室」とする。
○日程:7/17(木)確定、8月休止。9/18(木)、10/16(木)、11/20(木)、12/18(木)予定。


田中テクスト勉強会 2014年の予定 (19時〜21時/人間発達研究所 研修室)
テキスト:田中昌人(1980)『人間発達の科学』青木書店
・1月 1/9(木) 第U部第1章
・2月 休止
・3月 3/6(木) 同第2章
・4月 4/10(木) 同第3章 
・5月 5/8(木) 特別ゲスト 荒木美知子氏「交流と交通」
・6月 6/5(木) 同第5章


田中昌人『人間発達の科学』読み進めの今後の予定
・2013年 8月 休会
・ 9月  9/ 5 4章へは進まずに、これまでのまとめとして、第1−3章を振り返ってコメントし合い ます。
・10月 10/3 4章
・11月 11/7 5章
・12月 12/5 U部1章
 ※新しい方の参加、歓迎です(連絡は上記渡部まで)。 


田中テクスト勉強会 2013年度
○2013年度の新テキスト:田中昌人(1980)『人間発達の科学』青木書店
○日程 5/9=一部・第1章、6/6=第2章、7/11=第3章、8=お休み、9/5= 第4章、10/3=第5章、11/7=二部・第1章、12/5=第2章 です。
○会員ならどなたでも自由に参加できます。 〜各回夜7時〜、研究所研修室。
○次回5/9は『人間発達の科学』の第一部第1章
 ・第1章から順に一章ずつ読みあう。
 ・第一部は田中が理論構想にいたった過程を、第二部は理論の応用・適用について、 深めることができると期待できる。
 ・2年くらいかけて読み込んでいきながら、クレス出版のデータも活用して、種々の 「用語」がいつ・どの文献で使用され始め、ゆれつつ変遷し、概念規定されていくかを抑えることができれば面白い。  
 〜『科学』『クレス本』の用語索引の充実、ないし田中昌人「用語」集のようなも のへの発展できれば嬉しい〜


田中テクスト勉強会3月例会
・3月7日(木)午後7時〜
・人間発達研究所「研修室」
 1)中村隆一:新刊『発達の旅 人生最初の10年 旅支度編』からみた田中昌人ら
   1965年放映「一次元の子どもたち」 〜同番組を中村隆一さんの解説で観賞します〜
 2)4月以降の新テキストについての相談


2013年の予定

○1月例会
・1月10日(木)午後7時〜 人間発達研究所「研修室」
・中村隆一「発達研究の歩みと展望」(紀要26号に掲載予定)の検討

○2月例会
・「講座」開催のために休止

○3月以降
・1月例会で相談して、次の新しいテキストに入ります.
 『人間発達の科学』ないし『人間発達の理論』の見込みです.
・予定日は、3月7日(木)、4月4日(木)、5月9日(木)、6月6日(木)
ご興味のある方は,是非ご連絡下さい.


新シリーズ開始 第3テキスト 2012年8月〜12月の5回
 「故・田中昌人&杉恵さんの生い立ち、学びと仕事」
内容:第3テキストは京都大学教育学部2期生有志による3部作です。

8月 2日 田中杉恵(2002)「光少なき日日」
9月 6日 田中杉恵(2005)「風雨を越えて」
10月4日 田中昌人(2002)「発達の土割」『あの頃の子どもたち』
11月8日 田中昌人(2005)「荒地の緑」『あの頃の大学生たち』
12月6日 田中昌人(2006)「土入れと、麦踏みと、」『あの頃の若き旅立ち』

8月2日(木)を皮切りに、毎月1回、原則「第1木曜」の午後7時〜研究所研修室にて開催。8月〜12月の5回を予定。
新メンバー歓迎! 照会先・連絡先:世話人の渡部昭男 akiowtnb@port.kobe-u.ac.jp まで


2012年6月7日&7月5日
「大学生・青年の発達保障」
内容:第2テキスト『日本の高学費をどうするか』の延長として、「大学生・青年の発達保障」を2回にわたり検討します。
故・田中昌人さんが「大学生・青年の発達保障」をどのように提起していたのか(龍谷大学時代など)を踏まえた上で、最近の大学生調査などを交えて、検討します。
報告者:西垣順子(会員)


田中テクスト勉強会2013年4〜6月の予定
※いずれも午後7時〜、研究所研修室にて
○4/5(木)『日本の高学費をどうするか』その2(5〜8章)
○5/10(木)『日本の高学費をどうするか』その3(9〜12章)
○6/7(木)「学生・青年の発達保障」

関心のある方は自由にご参加下さい。
問い合わせは、渡部akiowtnb@port.kobe-u.ac.jp


田中テクスト勉強会「3月例会」 
 ※日程が変更になっています。
日時 3月1日(木)→ 
3月7日(水)午後7時〜 
会場 人間発達研究所
内容 第2テキスト『日本の高学費をどうするか』新日本出版
    第1〜5章を読み合わせ


田中テクスト勉強会「2月例会」
日時 2012年2月2日(木)午後7時〜
会場 人間発達研究所研修室

2月から新しいテキストに入ります
 田中昌人『日本の高学費をどうするか』新日本出版社
初回2月2日は、「序章・終章・あとがき」を扱います。
  
問い合わせ:渡部昭男akiowtnb@port.kobe-u.ac.jp


新メンバー募集中〜 2012年「田中テクスト勉強会」

2012年を迎えるにあたり、新しいメンバーを募ります。
関心のある方は、世話人の渡部までご一報下さい。

 ○1月12日(木)夜79時、研究所研修室
  テキストA田中昌人「最後の講演」(『土割の刻』に収録) 
 ○2月2日(木)、(〜3/14/55/10)、時間・場所は同上
  テキストB田中昌人『日本の高学費をどうするか』


○2011年度前半の活動報告

*田中昌人(2003)『障害のある人びとと創る人間教育』大月書店をテキスト@として、元となった『前衛』第747・748号(2002.1./2.)論文と対比させつつ、そのコンテクストを深めた。
*7/7、8/4、9/1、10/6の4回、研究所会議室にて実施。
*毎回の参加は7名前後。
*成果を本書の「解題」として『人間発達研究所紀要』第26号(2012予定)に投稿予定。 

○後半の予定

[毎月、原則として第1木曜の午後7時〜、人間発達研究所研修室にて開催]

【関心のある方はどうぞ自由にご参加下さい】

*12月1日(木)〜テキスト@の総合討論+DVD「ロビンフッドたちの『青春』の冒険」観賞+小さな忘年会
*1月12日(木)〜亡くなる直前の2005/10/22に開催された「関西圏大学教職員『教育研究フォーラム』」での講演録「新しい大学連合『関西圏』を考え、創出にあたる際のいくつかの基本視点」を取り上げる!
*2月2日(木)・3月1日(木)・4月5日(木)・5月10日(木)〜4回にわたり、テキストA『日本の高学費をどうするか』新日本出版社のコンテクストを読み深める。 


○照会先:
 渡部昭男 (研究所副所長/神戸大学大学院教授)
  〒657-8501 神戸市灘区鶴甲3-11 神戸大学発達科学部 A442研究室 
  電話・FAX 078-803-7726 
  メール:akiowtnb@port.kobe-u.ac.jp 


2011年度の予定
・会場:人間発達研究所研修室 
・日程:毎月第1木曜日(午後7〜9時)を原則に月1回開催する。  
  2011年 7/7夜,8/4夜,9/1夜,10/6夜,11/3*,12/1夜**  
  2012年 1/12夜,2/2夜,3/1夜,4/5夜,5/10夜,6/7夜  
 *11/3(祝)は特別ゲストを招いて「発達保障」に関して集中的に学習  
 **12/1(木)夜は忘年会を兼ねた交流会(@テキストの反省とAテキストの選定) 
・テキスト @田中昌人『障害のある人びとと創る人間教育』2003年(7/7〜10/6の4回で仕上げる)
       A @以下は相談して選定する(1/12〜)


第1回目(7月7日)のレジュメは,こちらからダウンロードできます.PDFファイル 

もどる