発達診断セミナー<心理専門職コース>  トップページへ   研究所の活動のページへ

 発達診断セミナーは心理専門職が発達診断・発達相談や関連する諸科学について系統的に学ぶセミナーで、1986年よりほぼ毎年1回開催しています。現在の第Vシリーズでは、発達診断が子どもや障害のある人たちの発達や教育にどのように寄与していけばいいのかを考えながら、発達や発達診断について掘り下げて学べるようにと企画しています。 
 自治体や施設等で働く発達相談員の学習の場は決して多くありません。また、一人職場であることが多いため、専門職同士の横のつながりを深め、互いに専門的力量を深め合える場になるようにと願っています

第31回発達診断セミナー

 今回のセミナーでは、6、7歳頃の時期(3次元可逆期)の特徴をおさえつつ、学齢期の体験の捉え方やその表現の発達や学童保育での実践報告をふまえて深めていければと考えています。この時期は発達的には系列的な認識や概念形成など就学への基礎的な力が芽生える頃であり、9、10歳の節目とも関わるという意味で重要な時期です。就学前教育や支援学校における教育の意味を考える際にもこの時期の子どもの発達や集団を学ぶ事には大きな意味があると思います。
 発達診断・発達相談に携わるみなさんのご参加をお待ちしています。 (発達診断セミナー事務局)

日 時 2018年11月10日(土)・11日(日)
会 場
 財団法人 滋賀県人権センター 「光荘」
      大津市におの浜4丁目1−14 (駐車場の確保が難しいので,お車でのご来場はご遠慮ください)
対 象 発達診断・発達相談に携わる方
テーマ 3次元可逆期(6,7歳頃)の発達と障害
参加費 一般(会員以外)   12,960円(12,000円+税)
     人間発達研究所会員 10,800円(10,000円+税)
     25歳以下の会員     5,400円( 5,000円+税)
       同時入会歓迎
後 援 滋賀県・大津市
募集要綱 こちらをご覧下さい。第31回発達診断セミナー要綱(PDFファイル)
内 容
 ゼミT 10日10:00〜12:30
      「生後第3の新しい発達の原動力の発生から3次元可逆操作期における発達と発達診断」
         白石恵理子さん(滋賀大学教育学部教授)
 ゼミU 10日13:30〜15:30
      「生活綴方・作文教育からみる子どもの発達 〜生活と表現と集団に注目して〜」
         川地亜弥子さん(神戸大学人間発達環境学研究科准教授)
 ゼミV 10日15:45〜17:45
      「悩めるあなたは素晴らしい! ――養護学校卒業生の声から――」
         古日山守栄さん(滋賀県立草津養護学校高等部教諭)
 ゼミW 11日10:00〜12:00
      「学童保育における子ども達の生活と自分づくりの過程について 〜学童保育での実践より〜」
         竹中真美さん(大津市青山児童クラブ)
 ゼミX 11日13:00〜15:00
      「自己に向き合う」「生き方に悩む」人たちへの支援を考える
         中村隆一さん(立命館大学応用人間科学研究科教授・人間発達研究所所長)


申込方法
 @インターネットからのお申し込みはこちらから.
   この場合,参加費の支払いは銀行口座への払込になります.
  
インターネットで申し込まれた場合,専用申し込み用紙での受講料の送付はご遠慮下さい.
 
A専用申込用紙のご利用は,代金を添えて,郵便局またはゆうちょ銀行のATMから申し込んで下さい.
  参加費の払い込みと申し込みが同時にできます.
 B郵便局の払込取扱票をご利用になることもできます.
  通信欄に,お名前,ご住所,勤務先名,職種,業務内容,連絡先をもれなくご記入下さい.
   交流会(1日目夜)参加の可否もご記入下さい.
   口座番号 01080−4−26819 加入者名 人間発達研究所
締め切り 2018 年11月2日(金)消印有効
お願い
 会場の温度調整には努力する所存ですが,設備が古いため,一定の温度に保つのが難しくなっております.
 調整可能な服装でお越しいただくと有り難いです.

第30回発達診断セミナー概要  

日 時 2017年11月3日(金)・4日(土)
会 場 財団法人 滋賀県人権センター 「光荘」
      大津市におの浜4丁目1−14
対 象 発達診断・発達相談にかかわる専門職※
      ※学校現場などで発達相談に携わっておられる方のご参加もお待ちしています.
       定員に余裕のある場合は,心理職外の方の受付もしています.
テーマ 5,6歳頃の発達と障害
後 援 滋賀県・大津市
参加費 一般12,000円 人間発達研究所会員10,000円 (資料代を含みます)
       同時入会も受け付けています.
募集要綱 こちらをご覧下さい。第30回発達診断セミナー要綱(PDFファイル)


内 容
 ゼミT 時間的・空間的・価値的に3次元の世界を形成し、多面的に自己を捉えていく時期の発達と発達診断 
        白石恵理子さん (滋賀大学)
 ゼミU 子どもたちをつなぎ、導くもの 〜特別支援学校中学部の実践から〜
        石田 誠さん (京都府立与謝の海支援学校)
 ゼミV 現在の障害児者を取り巻く法律や政策について
        田村和宏さん (人間発達研究所事務局長・立命館大学)
 ゼミW 子どもたちはどのように未来を想定しようとしているのか 〜未来へのメンタル・タイムトラベルの研究より〜
        吉田真理子さん (三重大学)
 ゼミX 発達相談のこれから 〜これまでを振りふりかえりつつ〜
        中村隆一さん (人間発達研究所所長・立命館大学)

第29回発達診断セミナー概要 

※当日の資料をお求めの方は、人間発達研究所までご連絡下さい。実費でお分けいたします。

日 時 2016年10月29日(土)・30日(日)
会 場 財団法人 滋賀県人権センター 「光荘」
      大津市におの浜4丁目1−14
対 象 発達診断・発達相談にかかわる専門職※
      ※学校現場などで発達相談に携わっておられる方のご参加もお待ちしています.
       定員に余裕のある場合は,心理職外の方の受付もしています.
テーマ 4歳半頃の発達と障害
後 援 滋賀県・大津市
参加費 一般12,000円 人間発達研究所会員10,000円 (資料代を含みます)
     入会も受け付けています.
募集要綱 こちらをご覧下さい.第29回発達診断セミナー要綱(PDFファイル)


内 容
 ゼミT 自分と外界の間で揺れ動きながら自制心を獲得していく時期の発達と発達診断 
       白石恵理子さん(滋賀大学)
 ゼミU 成人期だからこそ,たっぷりと揺れることを保障する〜二人の症例から学んだこと〜
       栗本葉子さん(おおつ福祉会)・松島明日香さん(滋賀大学)
 ゼミV 発達検査から発達の姿・支援のツボにせまるために
       ――なにをどうとりだすのか:2次元可逆操作の場合に注目をして――
       中村隆一さん(立命館大学・人間発達研究所所長)
 ゼミW 大きくなるのは難しい4歳児
       ――自律的コントロールの育ちと集団・保育――
       岡村由紀子さん (あおぞらキンダーガーデン)
 ゼミX 社会を創る主人公として生きる
       ――現代社会の変容と発達保障の課題
       河合隆平さん(金沢大学)

第28回発達診断セミナー概要

日 時 2015年10月31日(土)・11月1日(日)
会 場 財団法人 滋賀県人権センター 「光荘」
      大津市におの浜4丁目1−14
対 象 発達診断・発達相談にかかわる専門職※
      ※定員に余裕のある場合は,心理職外の方の受付もします.
テーマ 2〜4歳頃の発達と障害
後 援 滋賀県・大津市
参加費 一般12,000円 人間発達研究所会員10,000円 (資料代を含みます)
募集要綱はこちらをご覧下さい(PDFファイル).第28回発達診断セミナー要綱


内 容
 ゼミT 2次元の世界を拓き充実させていく時期の発達と発達診断
         白石恵理子さん(滋賀大学教育学部)
 ゼミU 自閉症スペクトラムのAさんの小学部1年生から3年生までの育ちを振り返る
          大城徳子さん(滋賀県立野洲養護学校)
 ゼミV 2〜4歳の心のゆらぎと自己形成
         木下孝司さん(神戸大学大学院人間発達環境学研究科)
 ゼミW 「やらねばならない」から「いいのあるかな」へ
         ――Mくんの自我の育ちと“こだわり”を中心に――  
         谷口 綾さん(泉佐野市子育て支援課)
 ゼミX 新しい発達診断法開発の試みから
         ――発達診断の根拠と実践的意義を考える――
         (報告者)富井奈菜実さん(立命館大学大学院社会学研究科博士後期課程)
         共同研究者:人間発達研究所 「新しい発達診断法開発プロジェクト」
                 荒木穂積・中村隆一・竹内謙彰・松島明日香・荒井庸子・松元佑

第27回発達診断セミナー概要 

日 時 2014年11月8日(土)・9日(日)
会 場 財団法人 滋賀県人権センター 「光荘」
      大津市におの浜4丁目1−14
対 象 発達診断・発達相談にかかわる専門職※
      ※定員に余裕のある場合は,心理職外の方の受付もしています.
テーマ 2次元を拓いていく時期の発達と障害
後 援 滋賀県・大津市
参加費 一般12,000円 人間発達研究所会員10,000円 (資料代を含みます)
募集要綱はこちらをご覧下さい(PDFファイル).第27回発達診断セミナー要綱


内 容 
ゼミT 2次元を拓いていく時期の発達と発達診断について
        白石恵理子氏(滋賀大学教育学部教授)
ゼミU 1,2歳児における第二次役割交替模倣の発達とその実践的示唆
        川田学氏(北海道大学大学院教育学研究院附属子ども発達臨床研究センター准教授)
ゼミV 子ども一人一人の自我の育ちを豊かにする保育実践
        服部貴子氏(元保育士)
ゼミW Tさんがゆっくり歩んだ20年――Tさんとご家族から学んだことを若手にバトンタッチ――
        中村順子氏(草津市立発達支援センター発達相談員)
ゼミX 子どもを取り巻く制度とこれから
        加藤淳氏(全国発達支援通園事業連絡協議会事務局長)

第26回発達診断セミナー概要 

日 程 2013年11月2日(土)〜3日(日)
会 場 財団法人 滋賀県人権センター 「光荘」
      大津市におの浜4丁目1−14
対 象 発達診断・発達相談にかかわる専門職※
      ※定員に余裕のある場合は,心理職外の方の受付もしています.
テーマ 1歳半に向かう時期の発達と障害
後 援 滋賀県・大津市
参加費 人間発達研究所会員 10,000円
             会員以外 12,000円 (資料代を含みます)
募集要綱はこちらをご覧下さい(PDFファイル).第26回発達診断セミナー要綱


内容
ゼミT 1歳半に向かう時期の発達と発達診断について
        白石恵理子氏(滋賀大学教育学部教授)
ゼミU 1歳半に向かう時期の発達研究の動向と研究報告
        福山寛志氏(京都大学大学院教育学研究科博士後期課程)
        コメンテーター 中村隆一氏(立命館大学教授)
ゼミV 子どもの豊かな育ちを支えるために 〜和歌山での取り組みを通して〜
        舩木栄子氏(社会福祉法人桃郷 児童発達支援センターつくしんぼ園園長)
ゼミW 「発達保障論」が見ようとしたもの――草創期の映像資料から学ぶ――
       中村隆一氏(立命館大学応用人間科学研究科教授)
ゼミX 1歳半健診における心理相談のあり方
       田丸尚美氏(福山市立大学非常勤講師・鳥取市こども発達・家庭支援センター心理相談員)


第25回発達診断セミナー概要

日 程 2012年11月3日(土)〜4日(日)
会 場 財団法人 滋賀県人権センター 「光荘」
      大津市におの浜4丁目1−14
対 象 発達診断・発達相談にかかわる専門職
テーマ 乳児期の発達と障害
後 援 滋賀県・大津市
参加費 人間発達研究所会員 10,000円
             会員以外 12,000円 (資料代を含みます)
募集要綱はこちらをご覧下さい.第25回発達診断セミナー要綱


内 容 
 ゼミT 乳児期における模倣行為とコミュニケーションの発達について――比較認知科学の視点から――
        明和政子氏(京都大学)
 ゼミU 乳児期後半の発達課題をもつ幼児の発達診断について
        事例提供 佐々智子氏(太子道診療所)  
 ゼミV 重度心身障害児への特別支援学校における教育実践
        足立浩子氏(滋賀県立草津養護学校)
 ゼミW 乳児期の発達と発達診断について
        白石恵理子氏(滋賀大学)
 ゼミX 低出生体重児の予後と発達支援について
        金澤忠博氏(大阪大学)


第24回発達診断セミナー概要

日 程 2011年10月29日(土)〜30日(日)
会 場 財団法人 滋賀県人権センター 「光荘」
     大津市におの浜4丁目1−14
対 象 発達診断・発達相談にかかわる専門職
テーマ 学齢期の発達と障害
後援 滋賀県・大津市
参加費 人間発達研究所会員 10,000円
     会員以外 12,000円(資料代を含みます)
募集要綱はこちらをご覧下さい.第24回発達診断セミナー要綱


ゼミT 学童期を見通した地域における幼児期からの発達支援
         小渕隆司氏(北海道教育大学釧路校准教授)
ゼミU 学童期における高機能自閉症児の発達とその支援
         別府哲氏(岐阜大学教育学部教授)
ゼミV 集団とともに育つ 〜特別支援学校中学部での実践報告〜
         今泉祥子氏(京都府立向日が丘支援学校)
ゼミW 自治体における心理職の果たす役割 〜地域ネットワークづくりの観点から〜
         高城寛志氏(発達相談員)
ゼミX 考える力を育てることばの教育 〜交流を通しての知の創成〜
         内田伸子氏(お茶の水女子大学客員教授)  


発達診断セミナー2010概要

テーマ 発達診断・発達相談とは
対 象 発達診断・発達相談にかかわる専門職
     (今回のテーマに関心のある方もどうぞ)
日 程 2010年10月2日(土)〜3日(日)
会 場 大津市ふれあいプラザ・ホール 滋賀県大津市浜大津4丁目1−1 明日都(あすと)浜大津4階
     (電話077-527-8351)
後 援 滋賀県・大津市
参加費 人間発達研究所会員 10,000円
     会員以外 12,000円(資料代を含みます)
募集要綱はこちらをご覧下さい 発達診断セミナー2010要綱


 ゼミT 今,発達相談に期待されていること
        ――オリエンテーションをかねて―― 
          中村隆一氏(立命館大学教授)
 ゼミU 時を翔る人たち
      @時間的な見通しは子どもにどのような意味を持つか
          吉田真理子氏(神戸大学大学院後期課程)
      A時間的対比による自己理解
          小野陵太氏(彦根市心理判定員) 
 ゼミV 乳幼児期の自他理解を考える
          木下孝司氏(神戸大学教授)
 ゼミW 発達診断と実践
          白石恵理子氏 (滋賀大学教授)


第23回発達診断セミナー概要

 テーマ 5,6歳ころの発達と障害
 対 象 発達診断・発達相談にかかわる専門職
 日 程 2009年6月27日(土)・28日(日)
 会 場 大津市ふれあいプラザ ホール(大津市浜大津4丁目1−1 明日都浜大津4階)
 後 援 滋賀県・大津市
 参加費 人間発達研究所会員 10,000円
      会員以外 12,000円(資料代を含みます)
 セミナー要綱ダウンロードこちら


ゼミT 3次元形成期における発達的特徴と指導について
        服部敬子氏(京都府立大学公共政策学部准教授)
ゼミU 巡回相談における心理職の役割について
       濱谷直人氏(首都大学東京都市教養学部教授)
ゼミV 5歳児の「集団づくり」について〜保育所での実践から〜
       射場美恵子氏 (大谷大学短期大学部幼児教育保育科講師)
ゼミW 3次元形成期の子どもの発達診断
        事例提供 若林隆泰氏(吹田市こども支援交流センター発達指導員)
ゼミX 子ども虐待と地域システムについて
        小野真樹氏(あいち小児保健医療総合センター心療科医師)


第22回発達診断セミナー概要

テーマ 4歳から5歳ころの発達と障害 
対 象 発達診断・発達相談にかかわる専門職
日 程 2008年6月28日(土)・29日(日)
会 場 財団法人 滋賀県人権センター 「光荘」(大津市におの浜4丁目1−14)
後 援 滋賀県・大津市
参加費 人間発達研究所会員 10,000円
      会員以外 12,000円(資料代を含みます)


ゼミT 2次元可逆操作期における発達的特徴と指導について
      服部敬子氏(京都府立大学社会福祉学部准教授)
ゼミU 作業療法士による発達支援について
      加藤寿宏氏(京都大学大学院医学研究科准教授)
ゼミV 4歳児の「集団づくり」について〜幼稚園での実践〜
      報告 山口晴津子氏(幼稚園教諭)
      コメンテーター 松原巨子氏(大津市役所発達相談員)
ゼミW 2次元可逆操作期の幼児の発達診断
      報告 柳生祥子氏(宇治市役所発達相談員)
      コメンテーター 白石恵理子氏(滋賀大学教育学部教授)
ゼミX 読み書き障害の概念と教育的対応について
      窪島 務氏(滋賀大学教育実践総合センター教授)


第21回発達診断セミナー概要

テーマ 3歳から4歳ころの発達と障害
対 象 発達診断・発達相談にかかわる専門職
日 程 2007年6月30日(土)・7月1日(日)
会 場 財団法人 滋賀県人権センター 「光荘」(大津市におの浜4丁目1−14)
後 援 滋賀県・大津市
参加費 人間発達研究所会員 10000円
      会員以外 12000円(資料代を含みます)


ゼミT 2次元形成期後期における発達的特徴と指導について
          服部 敬子氏(京都府立大学准教授)
ゼミU 3歳児クラスの「保育問題」を考える
          平沼 博将氏(大阪電気通信大学講師)
ゼミV 発達相談とはなにか?
          中村 隆一氏 (立命館大学特任教授)
ゼミW 2次元形成期の幼児の発達診断 〜2次元可逆操作の獲得に向けて〜
          事例提供 山中 志穂氏(大津市総合保健センター発達相談員)
          コメンテーター  白石 恵理子氏(滋賀大学教授)
ゼミX 育児困難をかかえる家族の理解と支援
          龍田 直子氏(大津市総合保健センター医師)


第20回発達診断セミナー概要

テーマ 2、3歳ころの発達と障害
対 象 発達診断・発達相談に携わる心理専門職
日 程 2006年6月24日(土)・25日(日)
会 場 財団法人 滋賀県人権センター「光荘」 (大津市におの浜4丁目1−14)
参加費 人間発達研究所会員 10,000円
       会員以外 12,000円(資料代を含みます)


ゼミT 2次元形成期の発達過程と指導について
        白石恵理子氏(滋賀大学教育学部教授)
ゼミU 遊びとコミュニケーションの発達
        荒木穂積氏(立命館大学産業社会学部教授)
ゼミV 通園施設における表現活動のとりくみ
       深田みどり氏ほか (大津市立やまびこ園2002年度ぞう組の保育者集団)
ゼミW 2次元形成期の幼児の発達診断経過の分析
       事例提供 高田智子氏(京都民医連太子道診療所)
       コメンテーター  高城寛志氏(寝屋川市健康増進課)
ゼミX 障害を持つ子どもの歯を守るために
        笠原 浩氏(松本歯科大学大学院教授)


第19回発達診断セミナー概要

 テーマ 1、2歳ころの発達と障害 
 対 象 発達診断・発達相談に携わる心理専門職
 日 程 2005年6月18日(土)・6月19日(日)
 会 場 財団法人 滋賀県人権センター「光荘」 (大津市におの浜4丁目1−14)
 参加費 人間発達研究所会員 10,000円
       会員以外 12,000円(資料代を含みます)


 ゼミT 生後第3の発達の階層(次元可逆操作の階層)への飛躍的移行と自我の誕生・拡大について
         中村隆一氏(大津市市立やまびこ園)
 ゼミU 自閉症児・者における自己発達
          赤木和重氏(三重大学教育学部)
 ゼミV 障害の早期対応と保護者支援の課題
        
 報告:発達診断セミナー事務局
 ゼミW 1次元可逆操作期から2次元形成期の幼児の発達診断経過の分析
         事例提供  今堀尚子氏(社会福祉法人名古屋キリスト教社会館・南部地域療育センターそよ風)
          コメンテーター 松原巨子氏(大津市保育課)
 ゼミX 言語発達と障害の早期発見――乳児期から2歳台を中心に――
         山崎祥子氏(らく相談室 言語聴覚士)


第18回発達診断セミナー概要

 テーマ 1歳半ばころの発達と障害 
 対 象 発達診断・発達相談にたずさわる専門職
 日 程 2004年6月12日(土)・6月13日(日)
 主 催 人間発達研究所
 後 援 滋賀県・大津市
 会 場 大津市勤労福祉センター(滋賀県大津市打出浜1-6) 


 ゼミT 1次元可逆操作の獲得と自我の誕生・拡大―― 子育てや療育において特に留意すべき事項 ――
        田中昌人(京都大学名誉教授・人間発達研究所所長)
 ゼミU 1歳6か月児健診の役割と今日的課題
        話題提供  中川多喜氏(大阪府枚方市保健センター)
        指定討論者 近藤直子氏(日本福祉大学)
 ゼミV 生後第2の発達の階層から生後第3の発達の階層に向かう幼児の発達診断経過の分析
        事例提供 小倉直子氏(龍谷大学研究生)
        コメンテーター  松原巨子氏(大津市児童家庭課)
 ゼミW 幼児期の運動発達と発達障害
        坂野幸江氏(全国障害者問題研究会大阪支部)


第17回発達診断セミナー概要

 テーマ 幼児期の階層への飛躍的移行と障害 
 対 象 発達診断・発達相談に携わる専門職
 日 程 2003年5月31日(土)〜6月1日(日)
 主 催 人間発達研究所
 後 援 滋賀県・大津市
 会 場 大津市勤労福祉センター(滋賀県大津市打出浜1-6)


ゼミT 生後第2の発達の階層から生後第3の発達の階層への飛躍的移行の前提としてみられる発達的な1次元形成過程の特質について
               田中昌人氏(京都大学名誉教授・人間発達研究所所長)
ゼミU いま地域のなかで心理専門職に求められる役割とはなにか       
       話題提供  若林隆泰氏(大阪府吹田市子育て支援課)
               磯山ひろみ氏(滋賀県野洲町ふれあい教育相談室)
               小渕隆司氏(千葉県鎌ヶ谷市児童家庭課)
       指定討論者 近藤直子氏(日本福祉大学)
       司会     白石恵理子氏(滋賀大学) 
ゼミV 生後第2の発達の階層から生後第3の発達の階層への移行に課題のある幼児の発達診断経過の分析
       事例提供  長崎純子氏(京田辺市療育教室)
       コメンテーター   松原巨子氏(大津市児童家庭課) 
       司会     中村隆一氏(大津市立やまびこ園) 
ゼミW 1歳前半の子どもの自我とコミュニケーションの発達
               木下孝司氏(神戸大学)


ページトップへ