『人間発達研究所紀要』第26号 2013.3
【原著】幼児期における系列的調整の検討
     ――研究1 共変動に注目をした発達の基本構造の検出―― ……… 富井奈菜実(2)
【実践記録】自分からわき出るように思いが表現されたなら楽しい!
       そして,伝わる喜びはつらさを救ってくれる ………………………… 伊藤みどり(26)
 コメント:子どもを見るということ,子どもが表現するということ ……………… 赤木和重(46)
【小特集】ダウン症の壮年期・高齢期における発達と支援
 人間発達研究所生涯発達プロジェクト ……………………………………… 白石恵理子(52)
 <報告1>壮年期をゆたかに――3人のダウン症の方の生活を振り返って―― 塩田千恵子(54)
 <報告2>高齢期をむかえたダウン症のなかまの支援と今後の課題 ………… 佐藤さと子(66)
 <報告3>生涯発達の視点から「老い」を生きる障害のある人たちの発達を考える
       ――ダウン症者の事例を中心に――  ……………………………… 吉留英雄(75)
【小特集】「発達保障」50周年と発達研究の展望
  はじめに ………………………………………………………………………… 渡部昭男(86)
  戦後における障害児の発達と発達保障の記録の歴史的位置づけをめぐって
   ――近江学園などにおける映像記録を中心に――  ……………………… 玉村公二彦(87)
  いまなぜ,「発達保障」なのか? ……………………………………………… 河合隆平(97)
  発達保障論生成過程における発達研究のあゆみとその意義 ……………… 中村隆一(107)
  発達保障論における発達論の意義 …………………………………………… 木下孝司(118)
【研究ノート】"自閉症理解の暗黙の前提を問い直す:Hobson, R. P.『自閉症と心の発達
  ――「心の理論」を越えて―』を通して ………………………………………… 近藤龍彰(121)
【書評】高谷清『重い障害を生きるということ』(岩波新書 2011年)を読んで …… 牧野広義(144),
【発達保障の源流】日本の障害者――その過去・現在および未来 ……………… 河野勝行(148)
  解題 源流「河野勝行〜全障研第7回大会記念講演」 ……………………… 鴨井慶雄(158),
【編集後記】


もどる