『人間発達研究所紀要 第18号・19号合併号』 2007.3

【小特集:発達の階層−段階理論をめぐって】

 「可逆操作の高次化における発達の階層−段階理論」の意義と今後の課題 ……………荒木穂積(2) 

 「人間発達と集団」研究へのノート …………………………………………………………加藤直樹(17) 

 可逆操作の意義――発達診断・発達相談の経験から―― ………………………………中村隆一(25) 

 「生後第2の新しい発達の力」についての検討
  ――低緊張が目立つ肢体不自由児の姿から―― ………………………………………白石恵理子(34) 

 「人間発達の理論」と個体発達進化
  ――比較発達研究からのアプローチ―― ………………………………………………竹下秀子(46) 

【研究ノート】

 社会の発展と人間の発達
  ――アマルティア・セン(Amartya Sen)に学ぶ―― ………………………………………田中きよむ(57) 

 今日の学力問題をどうみるか ………………………………………………………………田中耕治(75) 

 ケアマネジメント実践の看護実践の検討
  ――主に1950年代から1970年代の沢内村での地域保健活動における保健師実践より――… 武分祥子(107) 

【実践記録】

 造形遊びによる発達支援の一考察
 ――1〜2歳児の表現活動と母子コミュニケーション―― ……………………………………片岡杏子(119) 

 重い肢体障害を持つKくんのとりくみ …………………………………………………………増田和泰(132) 

【発達保障の源流】

 これからの指導のふかまりのために …………………………………………………………田中昌人(141) 
    「これからの指導のふかまりのために」の掲載にあたって ……………………………中村隆一(176)

戻る