会員になるには…
 入会申込書を人間発達研究所までお送り下さい.
  ダウンロードはこちらからword形式一太郎形式(保存して下さい)
    
 年会費は5000円です(年度は4月〜翌3月).入会金はありません.年度途中でも入会していただけます.
   25歳以下の方は年会費の3000円のキャッシュバックをしています(年度の4月1日現在を基準に)
 会員には,「人間発達研究所通信」を年4回,『人間発達研究所紀要』を年1号 お送りしています.
  (「人間発達研究所通信」はPDFファイルによるメール配信への協力をお願いしています)

こんな活動をしてみませんか
 研究所紀要・研究所通信への投稿
 「実践記録をまとめてみたい」と思っていても,まとめ方や研究の方法がつかめずに問題意識のままで終わっていることはありませんか? 
 紀要への投稿は丁寧な査読のプロセスを通じて投稿者と査読者がともに発達科学の進展のために協働する場でもあります.

 共同研究グループへの参加
 「こんな調査がしたい」と感じていても,ひとりではなかなかできないものです.
 こんな願いを実らせるために,人間発達研究所は,会員相互の問題意識の交流に取り組んでいます.

 地域での自主的な勉強会や調査
 是非、お住まいの地域で、少人数でも気軽に勉強会を開いてみませんか?
 研究所はそれらの活動を応援したり、報告書の普及などに取り組んでいます(人間発達研究所研究活動助成費
 
研修室の利用
 人間発達研究所の研修室(20名席)には,液晶プロジェクター,スライド,スクリーン,ビデオなどの視聴覚機材があり,会員の学習会や研究会にご利用いただけます.

文献・資料,学習教材
 人間発達研究所には,発達,福祉,教育などの書籍・資料が6000点以上あります.この中には,発達保障を学ぶための基本的な文献や,すでに絶版になった古典なども含め,学習や研究に貴重な資料があります.
 発達のすじみちを学ぶための視聴覚教材(ビデオ・スライド『子どもの発達と診断』シリーズ・他)や,発達保障の取り組みを記録した『夜明け前の子どもたち』(ビデオ),『光の中に子どもたちがいる』(映画)などもあります.

その他
 会員になると,講座やセミナーへの参加の割引特典などが受けられます.また,人間発達研究所では,発達研究あるいは発達保障論にかかわる貴重な映像・画像・文献などのデジタル化を進めています.会員の個人的な学習に利用していただけます.

退会される場合 
 新年度が始まる前(3月末まで)に,メール,郵送,FAXでお知らせ下さい(様式はありません).
 研究所からの受取の連絡をご確認下さい.
 留守番電話では退会のお申し出を受け付けることができませんので,ご了承下さい.
 毎年ごとの更新確認はしておりません.

トップページへ戻る